中学受験には塾が必須

中学受験の合否の決め手は塾によるとも言われています。もちろんそれだけではなく、家庭でのサポートは必要不可欠です。しかし中学受験は高校受験や大学受験とは異なり、小学校の授業だけではカバーしきれない範囲の問題が出題されます。学校の勉強だけでは入試に対応できません。

それぞれの中学校によって問題の傾向やレベルも大きく異なります。受験に対してのノウハウがあり、志望校に合わせたカリキュラムを組み、実績もある大手塾が良いと言われるのはこのためです。大手塾にもメリット・デメリットがあります。メリットは、集団指導型のため、同じ志を持つ仲間と意識しながら勉強に取り組める、テキストの内容が非常に洗練されている、過去のデータが豊富にあるなどが挙げられます。一方デメリットは、授業についていけない場合がある、成績によるクラス替えが頻繁にあり競争がプレッシャーになる、時間割りが決まっているので時間の融通が利かないといった点です。

個別指導型の塾や個人塾は子供の個性や学習状況に合わせた指導を行い、理解できるまでじっくりと勉強に取り組めます。そのため苦手な分野の基礎を固めたいという場合には向いているかと思います。時間の融通が利きやすいところもメリットです。しかし、受験のデータが少ないため、難関校受験を考えている場合は別に専用のテキストが必要になります。