塾に通う時期

大手塾では多くの生徒が3年生の2月から入塾しています。その理由は、受験に直結するカリキュラムが含まれる、新4年生の授業が始まるタイミングだからです。これから3年間かけて受験までの準備を行っているのです。5年生から入塾するという人もある程度います。しかし、5年生から始まるカリキュラムを持った塾もありますが、そうでない場合は4年生で習ったことを前提にして授業が進むので、遅くから入塾した子供ではついていくのが大変な場合もあります。

難関校の場合、高い学力を求められるため早くから準備を行う必要がありますが、基礎学力があれば乗り切れる中下位の学校では塾に通う時期が遅くてよい場合もあります。一般的には5年生になるまでに始めていれば遅くはないでしょう。いずれにしても長い付き合いになりますので、子供の学力や体力などを見極めて選ぶ必要があります。

いつ始めるかも重要ですが、入塾までに少なくとも学習をする習慣を身に付けておいたほうがよいでしょう。最近では低学年用のクラスもありますが、それよりも家庭で毎日学習する習慣や少し難しい問題に取り組む習慣を身に付けることが大切です。学習習慣が身に付いていないと、塾に入ったからといって、子供がいきなり勉強し始めるわけではありません。